使い方に注意!フィラリア薬の効き方を知ろう

狂犬病ワクチン、フィラリア検査シーズンが
落ち着いてきてゆっくりできるので
そろそろ眼科以外のお話もしてみようかと思います
今日はフィラリア予防薬について
蚊.png

みんな知らないフィラリア予防薬の効果

みなさんフィラリア予防薬は何をお使いですか?
錠剤タイプ?おやつタイプ?つけるタイプ?
はたまた、注射タイプ?
そのお薬の効き方って知ってますか
予防薬という呼び名のせいで↓このように間違えていませんか
 ● 犬にフィラリアが寄生しなくなる薬
 ● 蚊が犬を刺さなくなる薬
ごめんなさい、どっちも間違いです
ではどんな薬なのか?
実は「フィラリアが悪さをする前に殺してしまう薬」なのです

そもそもフィラリア症とは何なのか

フィラリアは蚊が持っている寄生虫
蚊が犬を刺す時に侵入してきます
フィラリアは体の中に入ると
皮膚の下で約60日間無害な状態で過ごします
          ↑ここ重要↑
その後心臓に移動して大きな虫に成長していきます
心臓に移動したフィラリアの数が増えてくると徐々に
心臓の流れが悪くなったり、肺に虫が詰まったりして、
咳などの症状が出始めます
つまり、毎月飲む予防薬では
「フィラリアが無害な60日間に
最低でも2回は殺しておいて
心臓に移動するのを防ごう」

というのが、本当の目的なのです
さらに、予防薬は飲んだその時にしか効きません
例えば、10月1日に今年最後の予防薬を飲んで
10月2日に蚊に刺されたら今年の予防薬は意味なし!
来年の4月頃にはたくさんのフィラリアと
ご対面する羽目になります;
な・・・の・・・で・・・!!!
ぜっったいに最後の2回を飲み忘れのないように
よろしくお願いしますm(..)m

1 件のコメント

  1. 春藤敏子 返信

    フィラリアの薬について今まで間違った知識で驚いています(・・;)
    薬を飲んでから1ヶ月間の効果があると思って、逆算して飲み終わりを計算していました(・_・、)
    正しい知識を知る事が出来て良かったです(^-^)
    現在はかかりつけの病院がありますが、当医院さんも視野に入れて見守らせて頂きますね\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です