前房出血の犬の話

unknown-11

こんにちは、くじらです。
最近テニススクールに通い始めたのですが、
運痴のため、全然うまくならず;;
壁打ちの場所、探してますw
さて、今日は
朝起きたら眼が真っ赤になってた!
、、、というわんちゃんの話。

上の写真、見慣れないとちょっとショッキングな映像ですよね。
診断は「前房出血」と言います。
(正確には診断ではなく症状名)

前房出血の原因はたくさん考えられる

外傷、止血異常、ぶどう膜炎、眼内腫瘍、網膜剥離etc
様々な病気が考えられます。
血液検査、眼圧検査、超音波検査etc
診断にあたりをつけてまず止血剤、消炎剤で治療です。
まごまごしてるとすぐに緑内障になっちゃいますから!
2週間後の所見がこちら。
前房出血IMG_1565.jpg
だいぶよさそうです^^
眼底もチェックでき、
この段階で原因は「網膜剥離」と診断がつきました。
残念ながら視覚は喪失してしまいましたが、
緑内障になることもなく、
元気に生活しています。
赤みが消えるのに長い子だと
2カ月近くかかることもありますね。
眼科の病気は最初は治療反応をみたり、
最初から無理やり検査することで
悪化することもあるので、
根気よく通院していただくことが
本当に重要だと感じます。

みなさま、いつも通院してくださって、
ありがとうございますm(..)m

4 件のコメント

  1. とりこ 返信

    こんにちは。現在愛犬がこういう状態です。先生も、眼球内になにかあってそれが悪さをしている場合は、薬や内服薬ではなく、やはり外科的処置しかないのですか。外科的処置をしないでいい方法を探しています。
    先生の病院は東京のどこですか。

  2. くじら獣医 返信

    とりこさん、こんにちは。
    それは大変ですね。すぐに何らかの対応が必要だと思います。対応が遅れると緑内障など次のステップに進んでしまいかねません。
    「眼球内の何か」というのは肉眼で見えていますでしょうか?超音波検査などの結果でしょうか?
    この場合、その「何か」となる可能性が高いのは「腫瘍」「血餅」「水晶体」などでしょうか。血餅であればもちろん外科的処置は必要ありませんから「何か」を調べるのが先決かと思います。
    コメントのメールアドレス欄に記入していただければ、メールでくじらの病院の場所などは送らせていただきます。

  3. とりこ 返信

    素早いお返事ありがとうございます。
    二週間前に充血しているということで、地元の獣医さんから眼科専門医に通いました。すでに網膜剥離していて失明、超音波検査でなにかがあるのですが、それがなにかは手術をしないとわからないと言われました。肉眼では見えませんが、この子と同じように血が下の方に溜まってる感があります。
    ステロイドの目薬や内服薬で朝などは少し落ち着いていて瞳孔が見えていたのですが、今週からステロイドを減らした途端にブドウ色一色。痛みを感じていない、ガンの可能性が低いかも、眼球の大きさが変わっていないのに、手術には抵抗を感じているところです。

  4. くじら獣医 返信

    手術とは網膜剥離の手術でしょうか?
    見てみないと何とも言えませんが、その状態であれば先ほどの「何か」を探るのが先決です。
    前房出血は原因が何であれ、永遠に続くわけではありませんから、止血剤と消炎剤を使いながらじっと(長い時は2-3ヶ月)我慢します。その後、眼内をレンズを用いて観察してみれば、原因は分かると思います。
    手術はそれからでも良いのでは?と思ってしまいますが、くじら自身で診察をしているわけではないので、言えるのはここまでですm(..)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です