犬の白内障の分類・重症度について

今日は帰るとき雨に降られずに済みました
自転車通勤なので天候には
人一倍気になっちゃったりするのです
今日はみんなが気になっている白内障について
自分の子がどの分類なのか詳しく見ていきましょう

白内障は4つのステージに分類されている

白内障は水晶体の濁りの程度により4つに分類されています
それぞれ見てみましょう
初発白内障
・・・混濁が水晶体全体の10%程度
初発白内障IMG_2092.jpg
未熟白内障
・・・混濁が水晶体の15%以上だが、眼は見えている段階
未熟白内障IMG_2374.jpg
未熟白内障IMG_2625.jpg
成熟白内障
・・・混濁100%、眼が見えなくなる
明るい暗いは分かることもある
成熟白内障IMG_1741.jpg
過熟白内障
・・・水晶体が溶けて小さくなる
水晶体の中のたんぱく質が溶け出ることで炎症を起こす
過熟白内障IMG_1180.jpg
つまり、
白内障において眼が見えなくなるステージは
・初発白内障  見える
・未熟白内障  見える
----↓ココから↓----
・成熟白内障  見えない
・過熟白内障  見えない
となります
なので、未熟白内障と成熟白内障の判別が重要
なんせ見えるか見えないかだからね
(これは後でお話しする予定の白内障手術でも重要です)
これは一般の人には難しいかもしれないので、
獣医さんに見てもらうのが一番かと思います
そのときできれば眼底検査ができる獣医さんに
見てもらった方がいいかもしれません
(詳しくは言いませんが判別に眼底検査が必須です)
白内障の手術・治療法についてはまた後日^^

3 件のコメント

  1. もぐらー 返信

    院長先生はじめまして。
    9才のミニピンの母です。
    うちの子も右目の白目の充血に異変を感じ受診したところ白内障とブドウ膜炎を発症していると診断され現在は3種の点眼薬(ロメワン、アズレン、フルメトロン)で治療中です。
    濁り具合は見た感じは未熟と成熟の中間位?の樣な気がしますが視力はほぼないように感じます。
    散歩が大好きな子なので可能であれば視力を取り戻してあげたく手術を検討しているのですがブドウ膜炎になっていても手術は可能なのでしょうか?
    このまま点眼薬だけでは症状が進行していざとなったら手術不可になるのではと毎日もやもやしています。
    どうかアドバイス宜しくお願い致します。

    • kujira 投稿者返信

      もぐらーさん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      水晶体起因性ぶどう膜炎と呼ばれる白内障が原因で起こるぶどう膜炎であれば状態にもよりますが、基本的には手術可能です。もちろん他の合併症が無いこと前提です。ただし、手術をしない限りそのぶどう膜炎は治りませんので、手術を考えているのであれば早めの診察をおすすめします。
      時間経過とともに合併症のリスクはどんどん上がっていきますので、その点はご注意ください。

  2. もぐらー 返信

    お忙しい中のご返答ありがとうございます。
    一番知りたかったぶどう膜炎でも手術が可能である事が分かり少しモヤモヤが消えました。
    実はその後眼科専門病院での検査予約を取り、可能であれば手術を受けるつもりです。
    目の異変に気付き掛かり付けの病院を受診してから2ケ月経過してしまいました。
    イマイチ効果の見えない点眼薬に頼らずもっと早く専門の医師のいる病院を受診しておくべきだったと今更ながら後悔しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です