犬の白内障手術を見てみよう

unknown-27

タイムリーなことに昨日白内障手術を行いました
水晶体核がかなり硬くて苦労しましたが
無事に成功しましたよ^^
よかった、よかった!
今日は実際に白内障手術を見ていきましょう
もちろん白内障手術を行うのはいくつかの条件
クリアしたわんちゃんだけです


〇まずは眼を固定して、切っていきます
白内障手術01 (1).jpg
白内障手術01 (2).jpg
〇前嚢という水晶体の前側をチョキン!
白内障手術01 (3).jpg
〇さあ、超音波乳化吸引のはじまり~!
白内障手術01 (4).jpg
白内障手術01 (5).jpg
〇全部削れたら眼内レンズを挿入します
白内障手術01 (6).jpg
〇残った削りカスや眼を膨らますのに使った粘弾性物質は
吸い取ります
白内障手術01 (7).jpg
〇縮瞳剤を使って瞳孔を正常な大きさに調整して
縫合して、おーしまい!
白内障手術01 (8).jpg
白内障手術01 (9).jpg
思ったより簡単そうでしょ?
人間のお医者さんは大体15分くらいで終わらせます
くじらもトラブルがなければ30分くらいで終わります
でも、そうはいかないのが恐ろしいところ!
人間と犬との構造の違い、炎症の起こりやすさ
手術を行うステージの違いetcにより
圧倒的に犬の手術の方が難しくなり
結果として手術時間が延長したり
軽度の障害が残ったりします

手術だけでは白内障は治らない

ただ、手術がへたくそなせいですごい後遺症が出るっていうのは
あんまりないかなーと個人的には思います
どちらかというと症例の選択や術後管理の問題かと
要するに手術以外にもいっぱい重要なことがあるってこと
そのひとつに自宅での点眼・投薬も含まれますから
自信がない方はフィラリア薬とか白内障予防薬なんかで
練習しておいてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です