犬の緑内障の症状を見てみよう

前回は犬の緑内障とはどんなものか
眼圧はどうやって上昇するのか
をお話ししました
今回は眼圧が上昇したことでどのような症状が
出てくるのか、一緒に見ていきましょう
緑内障03隅角異常.png

眼圧が上がると何が起こるのか?

前回お伝えした通り
眼圧とは眼内の水の量のこと
眼圧が上がるとは水の量が増えることです
ちょうど水風船の中の水の量が変化していると考えてください
水の量が増えると眼の中の他の様々な部分を圧迫していくので
それぞれに部分に応じた症状が出ます
 1. 瞳孔・・・散瞳(瞳孔開きっぱなし)
 2. 角膜・・・角膜の混濁
 3. 眼の血管・・・上強膜血管の怒張
 4. 視神経・・・視神経乳頭の変化(陥凹)
 etc
また、眼は水風船のように簡単には膨らみませんから
水が増えることにより眼全体の圧迫を起こし
 5. 痛み(時には食欲がなくなるほどの強い)
 6. 眼球拡張(牛眼)
といった症状も認められます

緑内障の症状を写真で見てみよう

ではそれぞれの症状がどんなものか
写真で見てみましょう
緑内障角膜混濁散瞳.jpg
このわんちゃんの眼は瞳孔が開いていて角膜も濁っています
(1.角膜混濁・2.瞳孔散大)
治療して1時間後にはこうなりました
緑内障治療後.jpg
瞳孔が見えるようになりましたよね?
眼圧が下がって瞳孔と角膜の圧迫が解除された結果です
また、あるわんちゃんの結膜(白目)はこんな風になっていました
緑内障充血.jpg
上の方に太い血管が蛇行していますね
これが3.上強膜血管の怒張です
最後に緑内障の末期のわんちゃんの写真です
緑内障眼球拡張.jpg
眼球自体が大きくなってしまっています(眼球拡張)
この状態になると眼が閉じれなくなったり、ドライアイになったり
さまざまな障害が起きてきます

飼い主が緑内障の症状を知っておくことは重要

緑内障は緊急疾患です
視覚を守るためには視神経が傷つく前に
いかに早く眼圧を下げるか、の戦いになります
そのためには眼圧が上がっていることに早く気付く必要があります
おそらくこの中で飼い主様が最初に気付く症状は
3.上強膜血管の怒張 だと思います
こんな症状はなっていれば絶対に違和感を感じるはずなので
日ごろから愛犬の眼をよく見ておいてあげてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です